ヒップ

なぜヒップに贅肉がつきやすいのか?

ふくよかでやわらかい女性らしいヒップは魅力的ですが、油断しているとすぐに脂肪がつきすぎたり、たるみが出てきたり、形が悪くなりやすい部位でもあります。だからといってダイエットだけで、お尻の贅肉を減らそうとしても、なかなかうまくいきません。それは、ヒップは女性の体の中で最も脂肪がつきやすい部分であるのに、反対にダイエットしてもなかなか痩せない部分だから・・・。
でもこれにはちゃんとした理由があるんです。

この続きはこちらへ


ヒップのたるみを予防するには?

ヒップは女性の体の中で最も脂肪がつきやすい部分、だから年をとるにつれて油断しているとたるんできたり、形が崩れやすいんです。若いころは肌に弾力もあって、上向きにアップしていたヒップも、年とともに変化していきます。たとえ、ヒップが大きくなくても、太ってなくても、形は変わっていくのです。これはバストにもいえることですが、ヒップのたるみはバストのたるみよりもずっと簡単に予防できるものなんです。それは日常生活の中でも普通にできること+ちょっとした努力のみ。

この続きはこちらへ


ヒップアップのために重要なポイントとは?

いくら大きいヒップでもたれて形が崩れていても、ダイエットだけで何とかヒップアップをしようとしてもうまくいかないでしょう。それにヒップはその太さや大きさよりも、形のほうが重要だといえる部分です。つまり、ヒップは少しくらい大きくても、あるいは小さくても、形がよくキュッとアップしていれば、それだけで魅力的に映るんです。だから、大きさを気にするよりは、その形やハリに気を配るほうがより賢明だといえます。

それでは、キュッと引き締まった上向きのヒップをつくるポイントとは?

この続きはこちらへ


ヒップの悩みを解決するガードルの選び方

お尻の形はひとそれぞれ、だからこそ悩みも千差万別です。もちろんエクササイズでキュッと締まったヒップをつくる努力も必要ですが、そうもいってられないという人には、ガードルで一時的にでも悩みを解決する方法もあります。でもいくらお尻の形が悪いからといって、この部分を強力に締め付けるような下着をつけるのはやめましょう。リンパの流れを阻止したり、血流を悪くしたりして、それが返って体型の崩れを招いたり、健康被害をもたらすことにもなるからです。

それではアナタのヒップに合ったガードルの選び方とは?

この続きはこちらへ


ヒップが3cmアップするガードルのはき方

せっかく補整効果の高いガードルをつけていても、間違ったはき方をしていては効果は期待できません。しっかりとヒップをアップさせるはき方をチェックしましょう!

この続きはこちらへ


ヒップアップ集中引き締めエクササイズ

ヒップの筋肉は、正しい姿勢をキープしたり、歩いたり、走ったりするときに使う筋肉です。日常よく使う部分ですが、意識的に引き締めないと脂肪がつきやすく、たるみやすい部分でもあります。たとえヒップが大きすぎなくても、太ってなくても、形を整えたりキレイにアップさせるためにはエクササイズが必要です。ヒップをキュッと引き締めてアップさせるエクササイズで、魅力的なお尻になりましょう。

ヒップの両サイドをキレイに引き締めるエクササイズ
ヒップの後ろを引き締めてアップさせるエクササイズ
ヒップの下の筋肉を引き締めたるみを解消するエクササイズ
大殿筋を鍛えるトレーニング
大殿筋を鍛えるレッグ・ランジ
大殿筋を鍛えるスクワット